【トヨタシエンタ】税金額と年間維持費はいくらかかる?

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

【シエンタ】いくらかかる?モデル別の自動車税と金額

 

自動車を購入する際に注意が必要なのが維持費、背伸びして自分の経済力を超えた車種を購入してしまうとその後の維持に苦労させられることになります。とくに注意したいのが毎年確実にかかる自動車税です。この税金は排気量によって決定されるため、同じ車種であってもモデルによって違いが出てきます。トヨタのシエンタの購入を検討する際にもモデルごとにどれぐらいかかるのか、具体的な金額を確認しておきたいところです。

シエンタにはガソリン車とハイブリッド車の2種類が用意されており、それぞれに税金の金額が違ってきます。まずガソリン車の場合、自動車取得税として4400円ほどかかります。さらに自動車重量税が16800円、自動車税が34500円。購入の際にはこれらの税金だけでも10万円近くかかる計算になるため、かなり無視できない出費になるのは避けられないでしょう。

一方ハイブリッド車はこの点非常に優遇されており、エコカーの減税・免税が適用されることで負担額が大幅に少なくなります。「ハイブリッドGグレード」の場合では

自動車取得税、自動車重量税がそれぞれ必要なく、自動車税34500円分のみが必要になります。つまりガソリン車のモデルを購入する場合に比べて57000円程度税金の負担が少なくすむわけです。

この点から見ると税金額に関しては圧倒的にハイブリッド車の方が有利な印象も受けますが、ガソリン車の中にも減税、免税が適用になるモデルがあります。ですから実際にどの程度の負担になるのか、エコカーの減税・免税のシステムを把握したうえで判断していくことが求められます。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】エコカー減税対象となるのか?

 

そのエコカー減税・免税ですが、ハイブリッド車の中には先ほども触れた「Gグレード」のように自動車取得税と自動車重量税が100パーセント免除されるモデルもあります。ほかには「Gクエロ」「Xグレード」「FUNBASE G」「FUNBASE X」です。なおこれらのモデルではグリーン化特例による約25500円分の減税も適用されるため、合計で11万円以上の優遇を受けることができます。維持費という観点からするとこれらのタイプが最高のポテンシャルを持つモデルといえるでしょう。

一方ガソリン車の中には自動車取得税が20パーセント、自動車重量税が25パーセントのエコカー減税を受けられるモデルもあります。「Gグレード」「Xグレード」「FUNBASE G」「FUNBSAE X」、「Gクエロ」など。これらの車種では自動車重量税が約5700円、自動車取得税はモデル別に8900円~1900円の優遇を受けることができます。合計で15000円程度。ハイブリッド車に比べるとかなり優遇額は少なくなりますが、それでも無視できない範囲です。

このようにハイブリッド・ガソリンともにエコカー減税の対象になるモデルがあるため、どちらを選ぶ場合にも税金の金額をよく把握しておくようにしたいところです。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】その他の年間維持費

 

車を維持するためには税金だけでなく、ほかにもさまざまな維持費が求められます。まず公道を運転できる環境を維持するための車検。最初は2年、その後は3年に1回受ける必要があるこの検査はどんな方法で受けるかによって費用が大きく変わってきます。すべて自分で行うユーザー車検なら3万円程度でも済ませることができますが、ほとんどの人はディーラーや車検工場などに依頼する形になるでしょう。基本的にサービスが充実していればいるほど価格が高くなります。ディーラーに以来する場合には10万円以上、整備工場に依頼する場合には57万円くらいが目安になるでしょうか。これを年間の負担に換算すると23万円程度となります。

それから乗りつづるために絶対必要なのがガソリン代です。これもどれだけ運転する機会があるかで人によって大きな差が出てくるので一概には言えません。シエンタは燃費効率が非常によく、メーカーのカタログではハイブリッド車の場合リッターあたり27kmを超える燃費性能を備えています。さすがに常にこの数字を維持できるわけではありませんが、リッターあたり20kmと計算したうえでガソリン代をリッター140円で計算してみましょう。1ヵ月に200km運転する場合には1400円、通勤に利用している場合にはずっと走行距離が長くなるでしょうから、少なくとも月5000円、年間6万円程度は見ておきたいところです。

侮れないのが駐車場の利用料金です。自宅に置くならお金はかかりませんが、駐車場を借りる場合には毎月確実に費用がかかります。これは地域によって大きな差が出てくるので平均額はあまり意味をなしません。都心部なら月2万円を超えるところも少なくありませんし、地方だったら30005000円もあれば十分に借りることができます。そして住んでいる地域だけでなく、立地条件も駐車場代に大きな影響を及ぼします。簡単に言えば駅から近いところほど料金が高く、遠いところほど安くなる、また人口密度が高いところほど安く、低いところほど安くなります。仮に1ヵ月の駐車場代を1万円と設定した場合には年間12万円が必要になってきます。

維持費を左右する重要な要素となるのが自動車保険です。自賠責保険は年度によって費用が変わってきますが、201741日以降に契約をはじめる場合には自家用の普通自動車で12ヶ月1552024ヶ月なら25830円となっています。ただ万一のことを考えると自賠責保険だけでは不安ですから、任意保険にも入る人がほとんどでしょう。シエンタは安全性に関する性能が高い評価を得ているとはいえ、自分が事故に遭ったときのシチュエーションを考えるとできるだけ充実した任意保険に入っておきたいところ。こちらは最小限の保障なら月5000円程度、少し充実させたいなら1万円以上のプランに入っておきたいところです。具体的な保険額はその人のグレードや運転の頻度などもかかわってくるので自分の利用環境を踏まえた上で判断していくことも大事です。

ほかには毎年確実に必要なものではありませんが、タイヤをはじめとした消耗品の交換や修理にかかる費用も挙げられます。必要になったときにはかなりの出費になりますから、1年あたりに換算してどの程度の費用がかかるのかを踏まえながら貯金をするなどの計画も必要です。こうした不定期の出費にかかる費用として毎年12万円くらいは用意しておきたいところです。

こうしてみても普通にシエンタを運転するだけでも毎年かなりの出費が必要になる様子がうかがえます。燃費の点で出費が少ないメリットがある車種とはいえ、負担は決して少なくないですから、毎年いくらかかるのか把握したうえで経済状況を確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

自動車保険一括見積もり保険料を安くする方法

 

こうした維持に必要な出費の中でも融通が利きやすいのが先ほど触れた任意保険です。保険の範囲だけでなく、保険会社やプランの内容によっても料金に大きな差がつくことがあるからです。ほとんど同じ保障内容なのにA社よりもB社のほうがずっと安い、といったこともあるため、安くしたい場合には各保険会社の比較検討が欠かせません。

一番確実なのは実際に見積もりを出してもらうことです。複数の保険会社に同じ条件で見積もり依頼をすることでどの会社が一番安いかを簡単に見極めることができます。ネット上には複数の保険会社に一括して見積もり依頼を出してくれる便利なサービスもありますし、無料で利用できますから任意保険を探す際には積極的に活用するようにしましょう。

ただし、安さだけで判断するのではなく、サービスの充実のチェックも必要です。万一のときに迅速に対応してくれるかどうか、口コミ評価も参考にしたうえで料金と保障内容のバランスが取れたところを選ぶようにしましょう。

2018年現在」

 

 

自動車保険で損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク