シエンタdeキャンプ!車中泊の方法とおすすめグッズ

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

シエンタでも車中泊はできるか?

 

車中泊といえば長距離運転の際の休息などによく行われるイメージもありますが、現在では最初から車中泊を目的にして旅行を楽しむ人も増えています。しかもキャンピングカーなど本格的な設備が整った車ではなく、ミニバンで旅行を楽しみながら車中泊を楽しんでいる人が増えているのです。そのため各メーカーのミニバンの評価においても「車内で快適に泊まることができるか?」がよく話題になるほどです。

ではトヨタのシエンタはどうか、コンパクトな車体の割りには67人が乗ることができるスペースの余裕が魅力の車種ですが、ただ車中泊にはあまり向いていないという評価が多く見られます。その理由としてこの車の特徴が挙げられています。

まずさすがに泊まるほどのスペースは確保できない点。普通の姿勢で座って長距離の移動をする分には快適に過ごすことはできますが、体をある程度伸ばしてくつろぐ必要がある宿泊の際には狭く感じてしまう点です。とくに6人、7人とぎりぎり乗った場合には、さすがに宿泊は無理と考えてよいでしょう。また、この車種は3列目が外に出るときには2列目のシートを動かさなければならず、もし夜中に3列目の人がトイレに行きたくなったときには、2列目で眠っている人を起こして動いてもらわなければならないといった問題もあります。

コンパクトで操作性がよい点が大きな魅力なのですが、そのメリットが宿泊の点ではデメリットになってしまっているわけです。このスペースの問題に関しては、乗る人の体格・体型によっても違ってきますが、身長170センチを超える人にとっては、窮屈な思いをさせられながらの宿泊になってしまいそうです。

もうひとつ大きな問題点として指摘されているのが、車内をフラットにすることができない点です。ゆっくり横になって体を伸ばしたい場合には、この点が非常に重要な部分ですが、この車種は2列目、3列目ともにシートを完全にフラットにすることができずに、どうしてもデコボコ感を感じてしまうのを避けられません。とくに6人乗りの2列目はデコボコになりやすく、横になって休むのが難しいのです。横になって違和感を感じるだけならよいのですが、無理な姿勢で仮眠をとっていたら体のあちこちが痛くなってしまった、といったことになりかねません。

このようにスペースと構造上の問題から、シエンタは車内での宿泊には向いていないというのが一般的な評価でした。しかし20189月のモデルチェンジによってそのイメージにも変化が生じつつあります。これらの問題を解消できる5人乗りのモデル「ファンベース」が登場したからです。これは3列目をなくして2列のシートで構成されており、たっぷりとスペースを確保しているのが大きな特徴です。これまでどうしても窮屈な思いをしていたスペースの問題はこれで解決、ゆったりとした環境で横になって休むことができるのです。

車中泊を目的にこれからこの車種の購入を考えている方はこの5人乗りのファンベースも検討してみるとよいかもしれません。コンパクトな車体でたくさんの人が乗れるというメリットは失われてしまう面もありますが、普段利用する人数によってはこのモデルが最良の選択肢となる方も多いはずです。

 

スポンサードリンク

 

シエンタの車中泊を快適にするおすすめグッズ

 

ではこうした問題点や特徴を踏まえたうえで、シエンタの車内で快適に宿泊するにはどうすればよいのか?最大の問題点は先ほども触れたシートをフラットにできない点です。これを克服するのにおすすめなのがインフレータブルマットです。これはもともとキャンプや登山のように、アウトドアで地面がフラットではない場所で宿泊するシチュエーションを想定して作られたマットで、厚めのスポンジが使われているうえに、空気も入れることができるので、下が少々デコボコしていても何の問題もなくやわらかく快適な環境で眠ることができます。魅力なのは空気を入れるエアーマットなので場所をあまりとらないこと。この車種の収納スペースでも、とくに問題なく収納して旅行先で利用することができるはずです。まずシートの上に敷くマットにこだわってみましょう。

それから照明関連のグッズ。これには二つのポイントがあります。ひとつは明かりをさえぎるためのもの、もうひとつは夜中に明かりを灯すためのものです。快適な眠りを確保するためにはできるだけ車内を暗くしておきたいところ。一方夜中にトイレに行きたくなったときや荷物やスマホなどをチェックする必要が出た場合には明かりが必要になります。かといって車内の照明をつけてしまうとほかの眠っている人に迷惑になってしまいます。

明かりをさえぎる点ではやはり窓から光をさえぎるためのカーテンやシェードが必要です。窓ガラスはスモークをつけていても半透明なので真っ暗にはなりませんから、外からの光をさえぎるための道具を確保しておきたいところです。そのための専用のシェードも発売されています。明かりをさえぎるだけでなく、プライバシーやセキュリティーの確保にも役立つうえに、冬場の宿泊では冷たい風が入り込んでくるのを防ぐなど、非常に優れた機能を持った製品もあります。こうした専用のカーテン・シェードを購入しておけば、快適な環境で眠ることができるはずです。こうした専用のアイテムを用意できない場合には、バスタオルなどでも代用できます。

照明器具に関してはLEDライトが使われたものがお勧めです。懐中電灯式だけでなくランプタイプのものもあるのでシチュエーションにあわせて選んでみましょう。夜中に車中でちょっとした読書や仕事をしたい場合には、手を空けることができるランプタイプがお勧めです。トイレなどで外にでる際には懐中電灯式のほか、ヘッドライトタイプも選択肢に加えてみるとよいでしょう。

忘れてはならないのが電源の確保です。電力を消費しているとバッテリーがあがってしまう恐れがあるため、照明器具などは別の電源を確保しておくのがおすすめです。充電できるリチウム電池のほか、かなり値段が高くなってしまいますがポータブル電源を確保しておくと電力の心配をせずに快適に夜を過ごすことができるでしょう。

あとは寝具。旅行先では夜に思いのほか冷え込むことがあります。シェードで風を防ぐだけでなく、体を冷やさずに眠ることができるアイテムを用意しておきましょう。毛布だけでは寒いこともあるので寝袋も使用する、保温性に優れたブランケットを使用するといった工夫もほしいところです。

お子さんの場合、夜中にトイレに行きたくなるケースもあります。安全上から考えても近くに公衆トイレがない場合に備えて携帯用トイレも用意しておくとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

シエンタ車中泊まとめ

 

このようにシエンタの車中泊については構造上あまり向いていない面があるのは事実です。ただ5人乗りのファンベースの登場によってスペースの問題はかなり改善することができたといえるでしょう。旅行先で車内での宿泊を楽しみたい、という方はこの点を考慮したうえでモデルを選ぶこともポイントになりそうです。

またシートがフラットにならない問題点に関しては、マットを使用するなどグッズの使用で十分カバーすることが可能です。そのうえで電源や照明など快適な睡眠や夜中に起きたときに必要なアイテムをしっかりそろえておけば構造上の難点を気にすることなく快適な車中泊を楽しむことができるでしょう。まさに備えあれば憂いなし、十分な準備した上でちょっとしたキャンプ気分を味わってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク