【シエンタ】XグレードとGグレードの違いは?

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

【シエンタ】Xグレードの特徴と標準装備

 

トヨタのシエンタにはガソリン車・ハイブリッド車の2タイプに加えて装備や内装の違いで3つのグレードも用意されています。Xグレード、Gグレード、XVパッケージの3種類のうちどのグレードを選ぶか、違いをよくチェックした上で比較検討していくことが大事です。

そのうちXグレードの特徴はシンプルな装備で統一されている点です。燃費がよい、安全性能に優れているといったこの車種のメリットはそのままに装備をシンプルにすることで他のグレードに比べて価格が安くなっているのです。たとえばハイブリッド車タイプではGタイプと比べて17万円もの価格差があります。これだけの差があるなら安いほうを買ったほうがよいと考える方がいてもおかしくありません。簡単に言えばコストパフォーマンスに優れた車種といえるでしょう。

標準装備に関してはまずエンジンスタートの際には鍵を差し込むタイプが採用されており、やや古風な印象もうけます。それからドアパネルとシート。どちらもファブリック素材が使用されており、高級感と快適性を備えているのが特徴です。

ほかには運転中にアイドリングを自動的にストップして燃費効率をアップさせるアイドリングストップ機能、衝突時の安全を確保するための「SRSエアバッグ」が運転席と助手席両方に取り付けられています。社内の明かりはプロジェクター式のハロゲンヘッドランプ、また、燃費のよい運転をしていると点灯して教えてくれる「エコドライブインディケーター」のような便利な装備も標準搭載されています。走行性・操縦性の面ではステアリングやブレーキの安定をつねにコントロールする「S-VHC」の搭載も見逃せません。

こうした装備面のシンプルな部分はオプションで補うこともできますが、コストパフォーマンスが大きな魅力となるだけにこのグレードを購入する場合には最初からオプションは使わないと決めた上で安く買えるメリットを得られることを重視して検討するのがおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】Gグレードの特徴と標準装備

 

このようにシンプルが特徴のXグレードでもかなり充実した標準装備となっているのですが、それをさらに上回るのがGグレード。先ほども触れたように10万円以上の価格差があるわけですが、それだけの価値が十分にあると思えるほどの充実ぶりとなっているのが特徴です。

標準装備ではまずドアロックがワンプッシュでできるスマートエントリー式になっていること、シートがファブリック素材のXモデルに対してこちらは上級ファブリックが使用されているので高級感と快適さがアップしています。ステアリングとシフトの部分も本皮巻きに。全体的にゴージャスな雰囲気になっています。スライド式のワンタッチスイッチが両側に装備されている点もXモデルとの大きな違いでしょう。このワンタッチスイッチはXモデルでは助手席側だけにしか用意されていなかったので小さなお子さんを乗せる際などに手間を大幅に削減することができます。

また運転席にはアームレストが搭載、長時間運転する際にはかなり腕の疲労度が違ってくるので見逃せない部分です。燃費効率がよい車種だけに高速道路など長距離の利用を前提に購入することが多いシエンタですから、このアームレストはかなり重宝する標準装備といえます。

エアコンがマニュアルではなくオートなのも大きなポイントです。こちらも家族で利用する機会が多いときに非常に重宝する部分になるでしょう。ほかにはオプティトロンメーター、スマートエントリーパッケージなどもこのグレードに標準搭載されている装備として見逃せない部分です。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】XVパッケージとは?

 

もうひとつのグレードがXVパッケージです。じつは価格の点ではこれがもっとも安いモデルとなっており、とにかく安くシエンタを手に入れたい、便利な機能や走行性などはそれほど求めないといった人をおもな対象にしています。自家用車よりも営業車・社用車に向いているとの評価が多く、Xモデル以上にシンプルな内容になっています。

ただ性能が劣るというわけでは決してなく、おもに内装をシンプルにしているのが大きな特徴です。たとえば後部ドアの開閉は手動で行う必要がある、シートの表皮のカラーバリエーションが少ない、サイドミラーの収納も手動で行う必要がある、エアコンがマニュアルなど。ステアリングがウレタン製、運転席にアームレストがないなど少し快適性に影響を及ぼす特徴もあります。

そして最大の特徴がガソリン車しかラインナップされていない点です。ハイブリッドにこだわりたい方、エコカー減税をあてにしている方はあまり向いていないモデルともいえるでしょう。ただシエンタならではの魅力が損なわれているわけではないのでビジネス目的だけでなく自家用車としても十分利用可能です。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】各グレードはどんな人におすすめか?

 

こうした標準装備と価格の違いからそれぞれのグレードがどんな層をターゲットにしているのかを見ていくこともできます。まずXVパッケージは先ほども触れたように商用・営業用におすすめのグレードです。燃費効率が非常によいので車の維持費を削減するのに非常に適しているうえ、安全性も高いので営業者など長時間運転する業務の使用でも安心して利用できます。従業員の使用が前提なら内装の素材などそれほどこだわる必要はありませんから、ビジネス用の車として非常に魅力的な要素を備えているグレードといえます。

Xグレードはシンプルながら充実した標準装備を備えているためコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。自家用車としても向いていますし、社用車にも適している特徴も備えています。XVは長距離用の移動・輸送用の社用車として適しているのに対してこちらはどちらがというと近距離の営業者に向いているタイプといえそうです。自家用車として使用する場合にはどのような用途で利用するかで向き・不向きが出てくるでしょう。自分だけ、カップルで利用する、または大人の仲間同士で利用する場合には非常に優れている一方、ファミリーで使用する場合、とくに小さいお子さんがいる場合にはマニュアルのエアコンやスライド式のワンタッチスイッチが助手席にしかない点などは少々マイナスになってしまいます。

Gグレードは広く自家用車としての使用におすすめできるモデルです。他の2つのグレードに比べると価格が少々高くなってしまいますが、日常的に使用することを考えると価格の高さがもたらす快適性は無視できません。Xタイプとは反対に両側のドアに搭載されているスライド式ワンタッチスイッチやオートのエアコンは実際に使ってみると非常に便利ですし、本皮巻きのハンドルは汗で滑るのを防いでくれますし、アームレストは腕の疲れを軽減してくれるなど長時間の安全な運転に役立つメリットを備えています。実際のところ自家用車としての購入を検討している場合には「Gのモデルは価格が高い」と考えるのではなく、Gのモデルがシエンタの標準価格でXVパッケージやXのモデルは価格を安くするためにあえて装備を簡素にしているという考え方のほうがよいでしょう。

どうしても価格が高いほうが性能もよく、満足度が高くなるものです。自分がこの車種に対してどんな性能を求めているのか、どんな用途で使おうとしているのかをよく踏まえたうえでちょうどよいグレードのものを選ぶことが重要でしょう。人によって不可欠な装備もあれば必要ない装備もあります。それぞれの違い、とくにGにあってXにはない装備をよくチェックしたうえでしっかりと比較検討していきたいところです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク