【シエンタvsフリード】どっち買う?燃費・価格etc.で比較

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

ホンダフリードとは?

 

トヨタのシエンタにとって最大のライバルとなるのがホンダのフリードです。この2つの車種は比較されることが多く、どっちがいいのかネット上でもよく意見が交わされています。ミニバンの購入を検討している人がどちらを選ぼうか迷うことも少なくありません。

このホンダのフリードの特徴はサイズが非常にコンパクトな点です。街乗りにとくに適しており、床面が低いこともあって乗り降りも簡単。子供やお年寄りを乗せるときにも適しています。それでいながら6人乗りタイプと7人乗りタイプが用意されており、家族や友達同士で遠出をする際にも活躍してくれます。評価の高いホンダの安全装備「Honda SENSING」を搭載している点も魅力です。

こうした魅力を備えているためによく比べられ、どっちが優れているのか?と話題になることが多いのです。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタvsフリード】価格・特徴で比較

 

 

価格に関してどちらもモデルによって違ってくるので一概にはいえない面もあるのですが、シエンタのGグレードのハイブリッド車が7人乗りで240万円程度なのに対してフリードは7人乗りの「ハイブリッドG」では約226万円とやや後者のほうが安くなっています。ただし、最高級のタイプを比べるとホンダの2WDModuloXHS」が約315万円なのに対してトヨタの「G Cuero」のハイブリッドタイプでは約246万円

とずっとトヨタのほうが安くなっています。このあたりはどの程度のグレードを求めているのかで評価が違ってくるのでどちらが安くていい、とはなかなかいえない部分があります。

特徴に関してはまず安全性能を見てみましょう。先ほども触れたようにホンダのほうは「Honda SENSING」を搭載、これは「衝突軽減ブレーキ」「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」など非常に充実した内容を誇っているシステムです。それに対してトヨタのほうでは「トヨタセーフティセンスC」が搭載されています。こちらは「自動ブレーキ」や「車線はみ出しアラート」といった機能が搭載されていますが、全体の充実ではホンダのほうに軍配があがりそうです。

 

 

 

一方大きな差が見られるのがデザイン面です。フリードのほうはいかにもミニバンといった印象で可もなく不可もなく、万人に受け入れられやすいデザインをしているのに対してシエンタは非常に個性的、ひと目でこの車種だとわかるような斬新なデザインをしています。そのためこちらはどうしても好き嫌いが分かれる傾向があり、高い評価を得ている一方でマイナス評価も少なくありません。こればかりは好き嫌いの世界なのでなんともいえない面もありますが、個性という点ではトヨタのほうに軍配が上がるといってよいのではないでしょうか。

ミニバンの大事な要素である走行性・操縦性はどうでしょうか。こちらは運転する環境によって評価が分かれるようです。トヨタの場合はアイドリングストップなど燃料を無駄にしない効率のよい機能が充実しており、街乗りに適したミニバンとして高い評価を得ています。それに対してホンダのほうはパワーがあり高速道路を利用するなど長距離の移動に適している点が評価されています。ですから買い物やちょっとしたドライブを楽しむ場合にはトヨタ、レジャーなど遠出の際に使用する場合にはホンダのほうがそれぞれよいという評価ができそうです。

操縦性ではもうひとつ、両者の間で大きな違いが見られます。トヨタの方は運転席とハンドルを上下に調節することができるので自分の体格・体型にピッタリフィットするよう調節したうえで運転できるため、快適な環境を確保しやすい点が大きな魅力です。一方視界の面でややマイナス評価が見られます。とくに20189月のモデルチェンジで後方の視界が少々悪くなってしまった点が指摘されています。それに対してホンダは視界が非常によく、運転席の窓の広さはもちろん、再度には三角窓もあるので広々とした視界で運転ができます。こちらも視界を重視するか、ハンドル・シートの一を重視するかで評価が分かれそうです。

ほかではワンタッチ開閉ロックの有無(トヨタにあってホンダにはない)、日焼け対策用のロールサンシェイドが後部座席にあるかどうか(ホンダにあってトヨタにはない)といった運転中の快適性とかかわってくる細かな点も見ておくと比べやすくなるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタvsフリード】人気・評判で比較

 

人気・評判に関してはどちらも賛否両論があるのではっきりとした結論を出すのは難しいですが、販売台数で比べると2017年の新車販売のデータでフリードが約80000台、シエンタが約96000台。純粋に売り上げだけを比べてみると後者に軍配が上がることになります。後者は2018年にモデルチェンジを行ったのでさらに差が広がる可能性もあります。

評判の面では先ほど特徴の面でも触れましたが運転する環境や用途によって分かれる傾向があるためどちらが優れているかは最終的に実際に運転している人が判断することになるので軍配を上げることはできません。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタvsフリード】大きさ・広さ・乗り心地で比較

 

大きさはほとんど同じと見てよいでしょう。フリードのほうが全長が30mm程度、全高が35mmほど長いですが、気にならない範囲内です。ただ前輪と後輪の間隔も若干シエンタのほうが長い程度で評価を左右するほどの差ではありません。

広さに関してはスペースという点ではホンダのほうにやや軍配があがる一方、長時間乗り続ける点を考慮するとトヨタのほうが優れている面もあります。トヨタのほうは2018年のモデルチェンジで3列目のシートが低くなっており、座面との間隔に余裕ができました。その結果腰が落ち込みにくく、姿勢的に無理なく座り続けることができるのです。ホンダのほうはスペースの上では広いものの、床が高いこともあって長時間座り続けているとお尻や腰が痛くなってくるといった難点があります。とくに足が長い人はトヨタのほうが快適に感じるはずです。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタvsフリード】燃費と維持費で比較

 

もうひとつ重要なのが燃費と維持費です。価格に関しては同じタイプ同士ならそれほど大きな差がないと書きましたが、購入した後の維持費でどれだけ差がつくかもチェックしておきたいところ。

まずカタログ燃費を比較してみるとフリードはハイブリッド車が27.2km/L、ガソリン車が19.0km/Lなのに対してシエンタはハイブリッド車が28.8km/L、ガソリン車が20.2km/Lと後者のほうに軍配が上がる数字となっています。ハイブリッド・ガソリンともにリッターあたり20kmをクリアしているトヨタのほうはミニバンでは最高レベルの燃費性能を誇っており、この点が販売台数を伸ばしている大きな要因ともなっています。

この差はとくにハイブリッド車で大きく、実燃費にすると差が2km以上に広がるとのデータも見られます。ガソリン車においても実燃費はカタログの差とそれほど代わりがなく、全体的に見てトヨタのほうに軍配が上がるとみてよいでしょう。

このように両車を比較するといろいろな違いが出てくることが窺えます。はっきりと軍配がつけられるのは安全性能に関してはホンダ、燃費に関してはトヨタといったくらいであとは運転する環境や個人の好みで違ってくる部分のほうが大きいといえます。ですからどちらを購入するか悩んだ場合には自分がどんなシチュエーションでミニバンを運転したいのかをよく把握したうえでそれぞれのメリット、特徴を比べていくことが重要になるでしょう。たとえば遠出に利用する場合、パワフルな運転を重視するならホンダ、燃費が気になるならトヨタのほうが適しています。こうした評価の基準を自分なりに設定したうえでどちらがよいか比較検討してみましょう。

2018年現在」

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク