【シエンタの燃費】ガソリン車とハイブリッドで比較

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

【シエンタ】ガソリン車とハイブリッド実際の燃費

 

トヨタのシエンタにはガソリン車とハイブリッド車の2種類が用意されています。ミニバンタイプでは最高ランクとも言われる燃費のよさで人気の車種ですが、このどちらのタイプかで数字が異なっており、どちらを選ぶかを決める際の重要な判断材料となっています。エコを重視して車を選ぶ際にはカタログの数字はもちろん、実際の数字に関してもよくチェックしたうえで比較検討したいところです。

まずメーカーのカタログに記載されている数字。これがどれだけエコかを確認する一番わかりやすい目安となるでしょう。これによるとガソリン車の2WD20.2km/L20.6km/L4WDでは15.4km/L、ハイブリッド車では27.2km/Lとなっています。4WDの数値が低くなっているのは仕方がないとしても、どちらもかなりの高水準なのは間違いないでしょう。一般的にリッターで20kmをオーバーしている車種はエコの観点から見ればかなり優秀な車種として問題ないはずです。

では実際に日常生活の中で運転したときにどの程度の数字になるのか?これは車の利用環境によって異なってくるので難しい面もあります。実際に利用して見た人の口コミ評価や専門家のデータなどを参考にするわけですが、実際のところかなり数字にバラつきが見られます。口コミでは安定してリッターあたり20kmをオーバーできる評価が多くこれがシエンタの高い評価の要因にもなっているのですが、専門家などのデータではよりシビアでガソリン車ではリッターあたり15km程度、ハイブリッド車では18km程度との数字もあります。このあたりカタログの数字と実際の数字ではどうして違いが出てくるのかも踏まえたうえで自分が利用するとどれぐらいの数字になるのかをイメージしていくことも重要になるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

カタログ燃費と実燃費とは?

 

ではカタログに掲載されている数字と実際に運転したときの数字でどうして差がつくのか?もちろん偽装をしているといったわけではないのですが、メーカー側としてはできるだけよい数字をイメージがよい、エコカーとして売り出すことができるといったメリットがあるため、「もっとも望ましい環境で運転したときにどれだけ燃料を消費するか」との観点で数字を出しています。しかしもちろん日常で運転する際にはいつもそのような望ましい環境で運転できるわけではないため、実際にはエネルギーの消費が激しくなってしまうことが多いわけです。

時として両者の数字に大きな差がついてしまう最大の要因は加速と原則です。まっすぐな道路を同じ速度で運転している環境がもっともエネルギー効率がよいのですが、減速と加速を繰り返すとそのたびにエネルギーを消費する必要が出てくるためどうしても効率が悪くなります。速度を維持するだけでなく上げたり下げたりするためにも燃料が必要になるからです。

ですから街中のように信号が多い、曲がり角が多く頻繁に減速を行うといった環境では当然消費する燃料が多くなってしまいます。郊外や高速道路で運転する場合と市街地で運転する場合で数字に非常に大きな差が出てくることも多いのです。

また、地形も燃料の消費と深くかかわっています。平坦でまっすぐなのがもっとも理想的ですが、日本国内でそのような環境はなかなかないものです。先ほど触れたように曲がり角で減速する場合はもちろん、上り坂の場合はパワーが必要になる分、燃料の消費が多くなりますし、人によっては下り坂のときに勢いに乗って速度を上げることもあるでしょう、その加速でも燃料が消費していきます。

知らず知らずのうちに運転環境が燃料の消費を増やしてしまっているケースも見られます。せっかちな人はすぐにスピードに乗りたいので急加速することが多い一方、落ち着いてゆっくりと加速させる人もいます。また下り坂やまっすぐな道になるとついついアクセルを踏み込んでスピードを上げてしまう人も。こうした人のほうが当然、燃料の消費が多くなってしまうわけです。

基本的に車は、エンジンを動かしてからしばらく時間が経って、温まった環境になるともっとも燃費がよくなります。ですから長距離を安定した環境で乗り続けたほうが、燃料の消費が少なくすむことになります。日常生活のちょっとした買い物のために使う、子供や高齢者の送り迎えに使う、といった比較的距離・時間とも短い用途で使うとどうしても効率が悪くなってしまうのです。この点からも市街地で使用する人のほうが高速道路や郊外で使用する機会が多い人に比べて、燃料効率の点では不利な立場になるわけです。先ほど実際の数字に関してかなり幅があると書きましたが、低い数字は市街地での短時間の使用、高い数字は郊外・高速道路での長時間の使用と見てもよいのかもしれません。

ですからシエンタの燃料効率をチェックする場合にはこうしたポイントを踏まえた上で、どれぐらい効率のよい運転環境になるのか、あまりよくない場合にはカタログの数字とどれぐらい離れた数字になるのかを、できるだけイメージしたうえで判断していく必要があるわけです。これまで乗ってきた車種でどれぐらいカタログとの差があったのか、また口コミ情報なども参考にしてみていくとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

燃費向上する方法はコレ!

 

このように利用環境によって、カタログと実際の数字に差がつくのなら、日常の使用の利用環境で効率をアップさせることも可能なはずです。さすがに市街地では乗らないようにする、乗るときには長時間乗るようにする、といった方法は無理がありますから、あくまで現実的な範囲内でできる方法を知っておきましょう。注意したいのはあくまで効率をアップさせる方法だということです。燃料消費が少なくなるからといって、意味もなく長時間運転した場合、確かにリッターあたりの走行距離はよくなりますが、実際に消費する燃料の量は多くなるわけですから意味がありません。

まずできるだけ速度を安定して運転すること。加速と減速が燃料をくってしまうことはすでに述べました。車を動かすときに、せっかちに急に加速するようなことは避けましょう。また信号待ちのときには、青になってからゆっくりとアクセルを踏んで少しずつ加速していくこと。ただし、あまりゆっくりと加速しすぎると逆に燃料を消費しやすくなるので、あくまで常識の範囲内を心がけます。

それから重量をできるだけ軽くすること。シエンタは荷物の収納に優れており、大人数での遠出に向いた車種として人気があります。しかしそのせいか遠出の際に使う荷物をそのまま入れっぱなしにしてしまうことも多く、それが車の重量を増やしてしまっている可能性があります。車に限らず重いものを動かそうとすると大きなエネルギーが必要になるため、無駄なものを積んでいる車ほど燃料効率が悪くなってしまうのです。

あとはタイヤ。これはお金がかかるので難しい面もありますが、エコタイヤに切り替えるだけでもかなり燃料の消費量に違いがでてきます。タイヤを交換するときでよいので検討してみましょう。

そのほか細かい部分では加速と減速が多くなる渋滞を避けること、ハイブリッド車の場合は電気だけで走る時間をできるだけ増やすことなども挙げられるでしょう。これらの方法は決して難しいものではないですし、とくに運転環境を大きく変えなければならないというわけではありません。アクセルワークを意識して無駄な燃料の消費を避けるよう、日ごろから意識しておくだけでも実際の数字をカタログに近づけていくことができるはずです。

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク