【シエンタの安全装置】セーフティセンスとは?

この記事は6分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

トヨタセーフティセンスとは?

 

トヨタセーフティセンスとは、シエンタをはじめとしたトヨタ自動車の車に搭載されている安全装置システムです。トヨタでは自動車の死亡事故におけるシチュエーションを元に、その原因となっている「歩行者事故」「追突」「車線逸脱・正面衝突」の3つの事故を防ぐために充実した機能を搭載したシステムを開発しました。じつは自動車における死亡事故の7割がこの3つのケースで占められているのです。

なお、このシステムには「C」システムとその上位バージョンである「P」の2種類が用意されており、トヨタの自動車を選ぶ際にはどちらを選ぶかがひとつのポイントとなっています。シエンタの場合は「C」が搭載されています。

ミニバンの場合はとくにファミリー層のユーザーが多い、大人数での利用や長距離の移動が多いといった理由が、万一のときの安全装置が非常に重要なポイントとなってきます。同乗者と話をしていてつい余所見をしてしまった、長距離移動で疲れてしまい集中力が低下していた、さらには後ろの座席の同乗者が視界を妨げてしまったといったケースが、事故のリスクが高まる面もあるからです。トヨタではこうしたシチュエーションを踏まえたうえで事故のリスクを軽減するシステムを多数取り入れているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

PとCの違い

 

では「C」とその上位バージョンの「P」では何が違うのでしょうか?まず搭載されているセンサーに違いが見られます。Cのほうは前方車両を検知して追突を避けるため単眼レンズとレーザーレーダーを搭載しているのに対して、「P」ではレーザーレーダーではなくより精度が高いミリ波レーダーが搭載されています。ですから前方車両を検知する精度が高く、追突のリスクが少なくなるのです。

それから後述する自動ブレーキ機能「プリクラッシュセーフティシステム」にも若干の違いが見られます。「C」の場合、他の車両との衝突を避けるのが主な目的でこの機能が搭載されているのに対して、「P」ではプラス歩行者も検知することができます。ですから歩行者が急に車道に飛び出してくるなど危険が多いケースでも事故のリスクを減らすことができるわけです。これは両者の違いにおけるかなり大きなポイントになるでしょう。

さらに車線逸脱による事故を防ぐシステムとして、これも後述するレーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)が搭載されていますが、ここでも「C」と「P」の間で違いが見られます。このシステムでは車線から外れてしまいそうになるとアラームが発せられる機能が備わっていますが、「P」の場合はさらにプラスして自動的に車線に戻るようハンドル操作をサポートする「ステアリングアシスト機能」も搭載されています。警報にあせってとっさにうまくハンドルが切れない場合でも、事故のリスクを減らすことができるわけです。

これだけの違いを見てもかなり「P」のほうが優れた面を備えているといえるでしょう。ただ基本的な機能は共通しているため、「P」の追加機能はとくに必要なく「C」で十分という方も少なくないはずです。このあたりは価格も含めたコストパフォーマンスも選ぶ際のポイントになるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

プリクラッシュセーフティシステムとは?

 

このセーフティセンスの最大のポイントともいえるのが自動ブレーキ機能、「プリクラッシュセーフティシステム」です。先ほども触れたように単眼カメラとレーダーを使用して車やバイク、歩行者を検知することができるので非常に精密、雨や霧、夜間など視界が開けにくい環境でもしっかり検知できるのが大きな魅力です。たとえば昼間に急に自転車が歩道から車道に飛び出して危ない思いをしたときなどでもこの機能が作動します。

 

 

スポンサードリンク

 

レーンディパーチャーアラートとは?

 

長距離を運転していると、腕の疲れや集中力の低下などから、まっすぐ運転して車線内の走行を維持するのが難しくなってくることもあります。そんな時に役立つのがこの「レーンディパーチャーアシスト」システムです。シエンタの場合は同乗者とのおしゃべりなどで注意が散漫になってしまったときにも役立つでしょう。車線を踏み越えそうになった場合にブザーとディスプレイで警告を発してくれるため、集中力が乱れていたときでもすぐに立て直すことができます。先ほども触れたように「P」にはプラスして車線に戻るためのハンドル操作をサポートする機能もついています。

 

 

スポンサードリンク

 

オートマチックハイビームとは?

 

夜、とくに街路灯が少なく視界が開けにくい環境で重宝するのがオートマチックハイビームです。夜間にハイビームをどの程度の高さに設定しているかで事故のリスクが大きく変化するといわれますが、このオートマチックハイビームではヘッドライトの上下を自動で切り替えてくれる機能が搭載されています。しかも先を行く車両や対向車のライトを認識したうえで適切な高さに調節してくれるので、闇にまぎれて前の車に気づかなかったといった問題を避けることができます。ミニバンで自然が豊かな場所にキャンプに行くときなどに、とくに役立つ機能です。

 

 

スポンサードリンク

 

レーダークルーズコントロールとは?

 

高速道路をはじめ、前後の車両と適度な車間距離を保ちながら運転を続けるケースもよく見られます。これも疲れたときや集中力が乱れがちな時には維持するのが難しく、ついつい接近しすぎでヒヤリとすることもあるものです。そんな車間距離を自動的に保ってくれるのがレーダークルーズコントロール(追従ドライブ支援機能)です。これは単に適度な車間距離を保つためのものではなく、万一前を行く車が急に減速・加速した場合でもそれに対応して適度な距離を維持することができるのが大きな特徴です。前の車が自分の車よりも速度が遅くなったときには自動的に減速、さらに接近しすぎてしまった場合にはブザーで警告してくれます。これなら高速道路の渋滞に巻き込まれて疲れているときでも、安心して車間距離を保ちながら運転し続けることができるでしょう。なお先行車がいなくなった場合にはあらかじめ設定した速度までゆっくりと加速する加速制御装置もついています。

 

スポンサードリンク

 

先行車発進告知機能とは?

 

車間距離ともかかわってきますが、信号や高速道路の渋滞で停車したときに役立つのがこの先行者発進告知機能(先行者発進アラーム)です。信号が変わって前の車が進み始めたのに止まったままでいるとブザーとディプレイで警告してくれます。車の流れがスムーズになったのに止まったままでいると前の車との車間距離が離れてしまうだけでなく、後ろの車に追突されてしまうリスクも出てきます。その危険を防ぐことができる非常に優れたシステムといえるでしょう。長距離移動の場合、信号や渋滞で停車している間に地図やカーナビで場所・ルートを確認することが多く、ついつい先行車が発進しても気づかないことが多いものです。そんなときでも後ろの車に迷惑をかけることなく運転することができるわけです。

このように歩行者事故、追突事故、車線逸脱・正面衝突による事故を防ぐために、さまざまな機能が搭載されているのがトヨタのセーフティセンスです。もちろん、これらの機能はあくまで運転をサポートするためのものであって、この機能さえあれば余所見をしていても事故に遭わないというわけではありません。とはいえレジャーや長距離のドライブの機会が多くなるシエンタにとっては、運転の安全性を大幅に高めてくれる非常に魅力的なシステムなのは間違いないでしょう。他のメーカーのミニバンと比較する際にも、この安全装置の違いや特徴を比較検討しておきたいところです。

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク