【シエンタ値引き】相場と値引き額の限界は?

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

【シエンタ】最新値引き相場と動向

 

トヨタのシエンタは20189月にモデルチェンジを行い新型が発売されたばかりの車種です。そのため値引き相場は新型と旧型で差が出てくるほか、新型に関してはあまり引かれる額があまり期待できない面もあります。こうした最新の相場や動向をチェックしたうえで購入の検討をしておくようにしましょう。

 

201811月現在の最新の動向で気になるのはやはり年末商戦との関係です。トヨタに限らずどの自動車メーカーでも年末にかけてたくさんの売り上げを期待していますから、他の時期に比べると交渉がしやすい時期ともいえます。

 

ただ本格的に年末商戦に入る12月に比べて購入者が少ないのも11月の特徴です。むしろたくさんの購入車が増える12月よりもさらに交渉しやすい面もあり、かなりねらい目の時期といえるでしょう。

 

 

 

 

ではどの程度交渉の余地があるのか?グレードによっても違いが見られますが、もっとも人気の高い新型のGグレードなら30万円程度は期待できそうです。ポイントとしてはできるだけオプションをつけたうえで交渉に臨むことです。

 

メーカー側や店側としてはいろいろなオプションを購入してくれた客に対して柔軟に対応しようと思うものですから、必要だと思うオプションがある場合はケチらずに購入したうえで交渉したほうが結果的にお得になることもあるのです。

 

こうしたオプションを含めて交渉した場合、最大で35万円以上の値引きが実現したという例もあります。とにかく安く購入できるよう交渉するのではなく、自分にとってもメーカー側にとっても最終的にメリットがあるような交渉を意識しましょう。

 

 

自分の都合ばかり考えて相手にいろいろと要求していると態度を硬化させてしまい交渉が進まなくなってしまう恐れもあるので気をつけたいところです。相場と限界を知った上での押し引きをわきまえた交渉が求められるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】値引きに有利な交渉時期

 

年末商戦前の11月は交渉に有利な面があると書きましたが、そのほかにも時期によって有利不利が出てきます。簡単に言えばよく売れて在庫のだぶつきが気にならない時期には交渉は難しく、あまり売れずに在庫のだぶつきが気になるときには交渉しやすくなります。加えて年末のように売れることを見越して在庫をたくさん用意して安く売っている時期も比較的交渉がしやすい面もあります。

こうした事情からもっとも交渉しやすいといわれるのが3月と9月です。この2つの月は決算シーズンで会社の半期または1年の売り上げが確定する時期となっています。売り上げが少ないと株価や企業の評価への悪影響が出てくるため、この時期に駆け込みのような形で売り上げを伸ばす努力をするところが非常に多いのです。小売店では「決算バーゲン」などのセールをするケースがよく見られますが、自動車業界でもこうした傾向が見られます。またこの時期は引越しや転勤シーズンでもあることから下取りや売却も多く新車・中古を問わず在庫がだぶつきやすい時期でもあります。ですから交渉しだいではかなり大幅な値引きを期待することもできるのです。

もうひとつ、今回のシエンタのようにモデルチェンジが発表された時期に旧型を購入すると交渉しやすくなります。旧型になじみがある場合にはこのように話題が新型に集中している時期に購入を検討すると通常よりもかなり安く値引いてくれるチャンスに恵まれるでしょう。これはやや特別なケースですが、旧型を購入しようと考えている場合には頭に入れておきたい知識です。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】ライバル車の把握と見積もり

 

交渉においてはライバル車との比較検討も重要なポイントです。ミニバンのシエンタの場合には本田のフリード、日産のラフェスタといったライバル車があります。購入の際にはこうしたライバル車と比べてどの程度安くしてもらえるのかをつねにチェックしたうえで検討していくことが大事なのです。

少し意地の悪いやり方になりますが、メーカーや販売店を交渉する場合にはこの点をチラつかせてみるのもひとつの方法です。「フリードならもう少し安くしてくれるはずなんだけど…」とライバル車とどちらを購入しようか迷っているそぶりを見せながら交渉すれば相手も立場上柔軟に対応する必要が出てくるからです。ただこの方法はあまりやりすぎると意地が悪く、嫌味な印象になってしまうので相手の気を悪くさせてしまった結果「だったらライバル車を買えば!」とばかりに交渉のチャンスを失ってしまうこともあるので注意しましょう。

ポイントとしては見積もりをうまく利用してライバル車の値引き幅をチェックしておくことです。ネットからでも見積もり依頼を出すことができますから、購入するつもりがなくても大まかな購入金額を知ることができます。ライバル車がいくらぐらいで購入できるのかを頭に入れた上で交渉に臨めば本当にお得な価格で買えるのか、値引かれた金額が果たして妥当なものなのかを見極めながら検討していくことができるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

さらに限界へ!買い取り一括査定サイトを利用する

 

そしてもうひとつ、車を買い替える場合にはさらに安く購入するために下取りではなく中古車の買取サービスをうまく利用しましょう。新車を購入する上で重要なのは購入代金がいくらかだけでなく、下取り額との差額がいくらになるか、です。

 

がんばって値引き交渉をしても下取り価格が安いのでは最終的に購入にかかる金額が高くなってしまいます。逆に値引き交渉はそれほど行わなくてもこれまで乗っていた車を高く買い取ってもらうことができれば購入にかかる金額をかなり安くすることができるわけです。買う金額を安くするだけでなく売る金額を高くする。逆転の発想も目指してみましょう。

 

 

そこで重要になるのが中古車の買取専門店です。新車の購入とともにこれまで乗っていた車を引き取ってもらうのではなく、まず乗っていた車を買取専門店に買い取ってもらったうえで新車を購入する形になります。手間が少々かかりますが、ディーラーの下取りに比べてずっと高く買い取ってもらうことができるので非常にメリットが大きいのです。ましてシエンタはミニバンの人気モデルで旧型でも需要が高いですから、買取に出せばかなりの現金を確保したうえで新車の購入代金に当てることができるはずです。また、こうした買取専門店はもちろん車種やメーカーにこだわらず買い取ってもらえます。トヨタ以外の車を乗っていた場合でも気兼ねなく利用することができる点も大きな魅力でしょう。

この専門店の買取は店舗によって査定額にかなりの差が見られます。当然もっとも高く買い取ってもらうところを選ぶことになるわけですが、その際に役立つのが一括査定サイトです。ひとつひとつの店舗に見積り依頼を出すのではなく、同じ条件でまとめて複数の店舗に依頼を出してくれるサービスがネット上にあります。自分でひとつひとつの店舗に見積もり依頼を出すのは非常に手間がかかってしまうものですが、このように一括して出すことができるなら簡単ですし、その回答からどのお店がもっとも高く買い取ってくれそうなのかをひと目で判断することができます。このようにちょっとした手間をかけてこれまで乗っていた車を買取に出すことでシエンタを購入するのに必要な出費を大幅に減らす、つまり実質的に安く購入することができるわけです。

ですからまず相場や動向をチェックしたうえで交渉しやすい時期を選ぶこと、そのうえでこれまで乗っていた車をできるだけ高く買い取ってもらうことで購入代金の足しにすること。この2つを踏まえておくことがシエンタをより安く、お得に購入するためのコツとなるでしょう。事前の情報が大きくものを言うだけに時間と手間を惜しまずに臨みたいところです。(2018年現在)

 

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク