【シエンタグレード一覧】違いと比較

この記事は5分で読めます

 

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

【シエンタ】全グレード一覧と価格の比較

 

トヨタのシエンタにはさまざまなグレードがあり、それぞれ特徴やメリット、さらに価格に違いが見られます。どれも共通したメリットを備えている一方で、性能面や快適性においてかなり違いが見られるだけに、自分にあったものを選ぶことが大事です。価格が安いものに目が移りがちですが、安さばかりに目を奪われていてはこの車種のメリットを十分に得られないこともあります。逆に高ければ必ずしもよいわけではなく、自分には必要ない性能・設備のために余計なお金を払うことになりかねません。

そんなシエンタにはまずハイブリッド車とガソリン車の2種類があり、基本的にはそれぞれのグレードにこの2つのタイプが用意されています。

この車種のスタンダードなモデルとなっているのが「G」です。価格はハイブリッド車で238320円~、ガソリン車で202680円~。この車種の購入を検討する場合には、まずこのモデルの価格を基準にして高いか安いか、どうして高いのか安いのかを検討していく形になるでしょう。

この「G」よりも、おもに内装をシンプルにしたことで価格を低く抑えているのが「X」モデルです。コストパフォーマンスの高さならこれが一番、この車種の性能面のメリットを安く味わいたいなら一番適しているとの評価も見られます。価格はハイブリッド車で2226960円~、ガソリン車で1816860円~。200万円を切る価格でこの車種を購入できるのは非常に魅力的です。

なお、「G」「X」ともに6人乗りと7人乗りが用意されていますが、さらに20189月のマイナーチェンジに伴い5人乗りタイプの「ファンベース」も登場しました。「ファンベースG」はハイブリッドタイプで234360円~、ガソリンタイプは198720円~、「ファンベースX」はハイブリッドタイプで2187000円~、ガソリンタイプで1776600円~と、こちらも価格面で非常に魅力的なタイプとなっています。

そしてもっともグレードが高いモデル、特別仕様車として用意されているのが「Gクエロ」です。ハイブリッド車で2532600円~、ガソリン車で2172960円~。さすが特別仕様車だけあって価格の面でももっとも高い水準となっています。

もうひとつ、やや特殊なモデルといえるのがXVパッケージです。これはもっとも安いモデルで、おもにビジネス用途として開発されたものです。ガソリン車しかラインナップされていない、内装を簡素にすることでコストダウンを図っているといった特徴があり、価格は1548000円~。なおこの金額は原則としてトヨタによる本体価格で、201811月の数字です。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】各グレードの特徴と比較

 

ではグレードごとの価格の違いはどういった点にあるのでしょうか?高いモデルにはどんなメリットがあり、安いモデルにはどういった注意点があるのかも見ておくことで、選ぶ際の参考になります。

まず「G」はシエンタの魅力を最大限に味わいたい人に向いたモデルです。シートの素材は上級ファブリックで高級感にあふれており、エアコンもオートエアコンが採用、夏場やお子さんを乗せる際に非常に重宝します。運転席のアームレストやワンタッチスイッチ式のパワースライドドアが運転席にもついている、マルチインフォメーションディスプレイなども搭載されています。

スマートキーを持っていればワンタッチスイッチだけでドアの解錠と開閉を行うことができるので非常に便利で、とくに荷物を抱えているときに役立ちます。ミニバンはスペースの都合で、荷物を持っていると搭乗しづらい面がありますが、このワンタッチスイッチさえあれば快適・スムーズに搭乗ができるわけです。しかも挟み込み防止機能つきとなっています。

一方「X」モデルでは、こうした「G」の特徴やメリットがほとんど搭載されていないのが大きな特徴であり、デメリットともなっています。最小限のシンプルな内装にすることで価格を抑えているわけです。ワンタッチスイッチの開閉は助手席のみ、エンジンを掛ける際には鍵を使う必要がある、エアコンはオートではないといった点が特徴として挙げられるでしょう。シートの素材も上級ではないファブリックとなっています。そのほか運転席のアームレストやマルチインフォメーションエントリーといった「G」モデルに標準搭載されている機能がついていません。そのため少々寂しく感じる方もいるでしょう。ただ安全性能や燃費といった車としての魅力が劣っているわけでは決してなく、内装や快適性にかかわる設備がとくに必要ないという方にとっては安価でシエンタを購入できるコスパの高いモデルといえるわけです。

特別仕様車の位置づけの「Gクエロ」の最大の特徴は、トヨタの安全装置「TOYOTA Safety SenceC」が標準搭載されている点です。「G」と「X」ではメーカーオプションの形でのみ搭載されていたこの機能が標準で搭載されていることで安全性が格段にアップ、衝突など事故のリスクを大幅に減らすことができます。

なお「XVパッケージ」は「X」よりもさらに内装を簡素にした内容となっています。

ほかにはLEDのヘッドランプやフロントフォグランプ、リアコンビネーションランプなど照明が充実したほか、ライトの自動点灯・消灯が可能なコンライトも搭載されたので、トンネルなど一時的に暗いところに入ったときに急に視界が暗くなるといった問題点が解消されました。そのほかにはシートが専用の上級ファブリックに合成皮革を使用しているなど、内装面のラグジュアリー感が大幅に増した点も大きな特徴です。

そしてもうひとつ、5人乗りになった「ファンベースX」「ファンベースG」の特徴はなんと言っても3列目がなくなり、2列のシート構成になったことです。その分スペースが十分に確保できるようになり、荷物の収納がよくなったのはもちろん、足元もゆったりすることで長時間乗り続ける場合でも快適に過ごしやすくなりました。シートの幅もゆったりしているので疲れたときには横たわって休むことも可能です。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】各グレードはこんな人におすすめ

 

こうしたグレードごとの違いを一覧しながら比較してみると、それぞれの特徴が見えてきます。「Gクエロ」は高級感と安全性を重視したい方にもっとも適したモデルになるでしょう。「G」は長時間の搭乗の際に快適な環境を確保できるので、レジャー用途でよく利用する方にとくに向いています。オートエアコンやワンタッチスイッチはお子さんがいるファミリー層や荷物が多くなるキャンプの際なども非常に重宝するでしょう。シエンタの魅力をたっぷり味わいたいという方に適したモデルです。

一方「X」はとくに内装や便利な装備は必要なく、燃費性能や操作性のよさといったこの車種本来のメリットを味わいたい方に向いています。「G」に比べると内装面の充実度が劣る部分がありますが、だからといって快適性が大幅に下がるといったことはなく、日常の運転なら問題なくこの車種の魅力を味わうことができるはずです。街乗りなど日常生活の中で利用する機会が多い方に適したデザインといえるかもしません。「XVパッケージ」に関してはもともと社用車として開発されたこともあって、やはりビジネス用途にもっとも適しています。

「ファンベースG」と「ファンベースX」に関しては5人乗りのメリットを活かせる環境かどうかがポイントとなるでしょう。5人乗りだったらミニバンでなくてもいい、と考える方もいるはずです。できるだけ快適な環境で長時間運転したい、キャンプなどで荷物が多くなるので収納スペースを確保したいといった方に適しています。大柄な方は6人乗り、7人乗りはかなり窮屈に感じてしまう面もあるので、体型に合わせてこの5人乗りのグレードを選ぶのもひとつの選択肢となるでしょう。

このように各モデルともにそれぞれ個性と特徴があるため、どれが一番よいとは言い切れない面があります。あくまで自分の用途や目的を踏まえたうえで比較検討し、自分にとって向いているグレードを選ぶようにしたいものです。

 

スポンサードリンク

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク