【シエンタダイス】中古でも評判!新型との違いは?

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

シエンタダイスとは?

 

20189月にモデルチェンジが行われたトヨタのシエンタ。現在では「G」「X」「Gクエロ」「XVパッケージ」の4種類のグレードに加えて「G」と「X」に5人乗りタイプの「ファンベース」がラインナップされています。現在新車でこの車種を購入する場合にはこれらのグレードの中から選ぶ形になるわけですが、一方で中古市場で根強い人気を保っているのがシエンタダイスです。

このグレードは旧型のシエンタでラインナップされていたグレードで、現在では中古車の形で購入する形となっているのですが、非常に高い人気を得ているのです。通常、モデルチェンジが行われるともっぱら新型に注目が集まるようになり、旧型は売れなくなってしまうのが一般的です。だからこそ車を売るときにはモデルチェンジする前が高く売れるタイミングといわれているわけですが、このモデルは少々事情が異なるのです。それだけ以前からシエンタの完成度が高かった証拠ともいえるわけですが、一方でシエンタダイスならではの魅力も根強い人気の理由となっています。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタダイス】新型との違い

 

では新型とどんな点が違うのか?実際に乗ってみた人たちの間の評価でもっともよく挙げられているのが視界です。新型のモデルは少々視界が悪くなったとのマイナス評価も聞かれます。ミニバンは長距離運転の機会が多くなりますから、はじめて訪れた場所や夜間の移動、さらに疲れて集中力が低下しているときに事故の心配がなく運転できるかが大事なポイントです。その意味でも広々とした視界を持っているこのモデルは、新型よりもプラスの評価を受けることもあるのです。とくに前方の視界がよく、狭い道を利用する際にメリットになります。

逆に新型と比べてマイナス点となっているのが燃費の問題です。ミニバンでは最高クラスの燃費性能を誇っているのがシエンタの大きなメリット、モデルチェンジではその点がとくにパワーアップしており、旧型のシエンタダイスはどうしても不利になってしまうのです。

新型のカタログ燃費性能はガソリン車(2WD)20.2km/L、ハイブリッド車では28.2km/Lとなっており、非常に高い数字となっています。それに対して旧型のガソリン車のダイスは17.2km/Lとかなり見劣りする数字です。同じガソリン車と比べてリッターあたり3km、ハイブリッド車に比べると11kmもの違いがあるわけですから、これはマイナスポイントにならざるを得ないでしょう。

この燃費性能の差は実燃費でもそれほど変わりなく、ダイスの実燃費は1213km/L程度といわれています。ただあくまで新型に比べると劣る話であって、他のメーカーのミニバンの燃費と比較すると遜色はほとんどなく、十分に性能がよいともいえるでしょう。

見逃せない違いがデザイン面です。モデルチェンジによって新型はかなり外観が変化しており、個性的な一方でクセがありすぎるなど賛否両論の声が聞かれます。新型のデザインがイマイチと感じている方にとっては、旧型のデザインのほうが魅力的に映る面もあるのです。さらに内装の違いもあります。新型は全体的にラグジュアリーな内装に仕上がっており、「G」グレードではシートに上級ファブリックを使用している、ワンタッチスライドドアが運転席・助手席の両方に搭載されているといった充実した内容です。それに対してダイスはよく言えばシンプル、悪く言えば地味でデザイン性に欠ける面があります。その分だけ男性からの評判がよい一方、女性からはあまり評価されていない面もあります。ただシンプルな分だけ自分で装飾して楽しむといった面を評価する人も多いのです。

 

スポンサードリンク

 

シエンタダイスG(dice-g)とは?

 

そんなダイスには上位グレードの「DICE-G」というモデルもあります。基本的にはダイスと共通していますが、一部機能性・快適性を高めるための設備や装置が搭載されているのが大きな違いです。

具体的には挟み込み防止機能つきのパワースライドドアが運転席だけでなく助手席にも搭載されたこと。窓から降り注ぐ紫外線や熱を防ぐための「IR(赤外線)カットウインドシールドグリーンガラス」の設置。外気の温度を表示する機能もついたオートエアコン、運転席、助手席にアームレスト、プラズマクラスターなどが挙げられます。

さらに使い勝手を高めるためシフトノブは本革巻き、ヒーターコントロールパネルとシフトレバーレゼルにはピアノブラック塗装が取り入れられているなどの違いも見られます。これらは使い勝手の面だけでなく、先ほど新型との違いで触れた内装のシンプルさを補う面もあるだけに見逃せないでしょう。

オートエアコンやアームレストなどは新型の「X」グレードにも搭載されていない設備ですから、中古で安く快適性の高いシエンタを購入できる面もあるわけです。

4:特別仕様車シエンタリダイミテッドとは?

さらに上位グレード、特別仕様車の位置づけで用意されたのが「DICE Limited」です。基本的にはダイスGをベースとしていますが、機能面・快適性のさらなるグレードアップをした内容となっており、運転席・助手席にはシートバックポケットも搭載、さらにコインポケットや助手席のアンダートレイ、タイマー付きのリアウインドウデフォッガーなどが取り入れられています。全体的に快適性がアップしたモデルといえるでしょう。なおカラーではこのモデル限定のブラックマイカがラインナップされており、全体的に明るくポップなカラーが多いシエンタの中では大人っぽく高級感を感じさせるグレードともいえるでしょう。ただその分キズが少々目立ちやすい部分もあるため、中古車で購入する際にはよくチェックしたうえで気にならないかどうか、キズがある場合にはそのマイナス点に見合った価格設定かどうかなども見ておきたいところです。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタダイス】評価まとめ

 

「ダイス(DICE)」とは英語で「サイコロ」を意味します。その名前のとおり四角いデザインとなっているのもこのグレードの大きな特徴です。新型のデザインと比べてスタイリッシュなイメージを備えている面も評価の対象として挙げておくべきでしょう。燃費性能や安全装置などの点ではさすがに新型には及びませんが、もともとの性能が高い車種だけあって旧型でも不満を感じる点が少なく、高い人気を得ているあたりはさすがにトヨタといったところでしょうか。

新型は新車で購入するとなると「G」グレード以上なら200万円以上の価格がしてしまうのに対して、こちらは新車価格でも170万円程度、中古で購入するならさらに安い価格での購入が可能です。この車種に魅力を感じているけれども新型の新車は経済的にちょっと手が届かない…という方でも手が届きやすく、しかもそれほどマイナス面を感じることなくこの車種のオーナーになる満足感や達成感を味わうことができるでしょう。

ポイントとしては、外観の魅力に比べて内装がやや物足りないため、それをシンプルでよいと評価するか、デザイン性に不満を感じるかです。ただシンプルな分自分でシートカバーを購入してデザイン性を高めといった工夫や楽しみを味わえる面もあるでしょう。

もうひとつ見逃せないダイスの特徴としては、荷物を収納するスペースがしっかり確保されている点です。このダイスのグレードから収納性がアップしており、新型と比べてもそん色ないレベルにあります。新型の違いだけでなく、このモデルから継続している魅力・メリットにも着目したうえで比較検討してみたいところです。実際に現在でもダイスを運転している人は長所・短所両方をよく把握したうえでこの車を楽しんでいる傾向が見られるので、マイナス点は自分の工夫で補うくらいの気持ちで検討してみるとよいのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク