【シエンタとヴォクシー】どっち買う?燃費・維持費etc.で比較

この記事は5分で読めます

 

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

トヨタヴォクシーとは?

 

トヨタが販売していた「ライトエース・ノア」の後継車種として、2001年にトヨタヴォクシーは発売されました。その時は姉妹車の「ノア」と同時に登場しましたが、それぞれフルモデルチェンジを繰り返して現在も販売されています。

初代が2001年、2代目が2007年に発売され、現在提供されているのは2014年に登場した3代目になります。デザイン面ではノアと共通の「EMOTIONAL BOX」がコンセプトになっており、車外から見ても室内空間の広さが伝わってくるところが特徴です。

ただしこれはあくまでもデザインコンセプトの話で、単純なデザインだけで見ればヴォクシーはスタイリッシュ路線です。その広さからファミリー層から高い人気のある車種ですが、力強さを感じさせるそのデザインは男性から高い支持を得ています。

ちなみに名前の由来は、英語のVOX(声・言葉などの意味)とBOXY(箱型)で、これらを組み合わせてVOXYです。箱型の部分だけでも通じそうですが、そこから一捻りを加えることで若々しい雰囲気を演出しています。

もちろん社内が広いだけではなく乗降性にも力を入れているので、小さな子供のいる家庭やお年寄りが乗り降りする時も快適なので、総合的に優れた車です。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタとヴォクシー】価格・特徴で比較

 

シエンタと比べる際に注意をしなければならない点がひとつあります。それはクラスの違いです。同じミニバンの枠内にあるとは言え、その中でも細かくクラスが分けられています。

ヴォクシーはシエンタに比べてクラスがひとつ上になっているので、それが価格面に大きく影響をしているのです。具体的な数字で言えば、モデルによって50万~100万円の価格差があります。

こうなると少しでも安く車を買いたいと考えている人にとって選択肢は限られるかもしれませんが、ヴォクシーの廉価版グレードである「X」とシエンタの最高級グレードである「HYBRID G””Cureo””」とで比べると横並びになります。

ガソリンタイプとハイブリッドタイプなのだからその結果は当然と言えますが、長距離運転が少なく燃費面での優先度がそれほど高くなければ、比べる対象にしても良いくらいです。

車体の大きさや排気量の違いなどもあるので、まずどのように車を使うのか用途について考えて、それに合わせて自分に合った車を買うようにしてください。多少値段が高くても大人数で乗ることが多い、もしくはそこそこの収容力があって安い車が良い。この違いだけでもどっちの車が適しているのか評価は大きく変わってきます。

ほかにも新車なのか中古車なのかで、価格差が変わってくることもあります。その時の市場需要によって値引率も変わってくるので、購入を検討しているなら随時チェックしておくと良いです。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタとヴォクシー】人気・評判で比較

 

自動車市場での人気面で見てみると、実はこの2種は同じくらいの人気があります。色々なランキングを見ても同じような位置にあることも、比べる対象として選ばれやすい理由のひとつです。

どうしてもランクの違いによって上回っている部分と下回っている部分が明確になりがちですが、厳密に比べてみるとシエンタの方が人気は高い結果が目立ちます。

これは単純に数字だけを見るのではなく「シエンタは思っていたよりも良い」と評価されており、コストパフォーマンスで優れていると評判だからです。

車を買う時には広くて大きい物を選ぶのか、それとも取り回しの良さや燃費を取るのか。これは人それぞれですが、どちらかと言うとコンパクトで収納力の高い車に人気が集まる傾向にあります。特に若い家族にはその傾向があるので、その違いがそのまま人気の差となって現れているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタとヴォクシー】大きさ・広さ・乗り心地で比較

 

大きさや広さで比べた場合は、ヴォクシーの圧勝です。

具体的に言えば室内長で395mm、室内幅で70mm、室内高で120mmの差があります。特に室内長での違いが大きな差です。これだけの差があるにもかかわらずヴォクシーは床が低く乗降性に優れた特徴もあるので、単純に大きいだけではなく使いやすさでも優れているとわかります。

シエンタ側も色々と工夫をしており、コンパクトサイズでありながら7人乗りを実現するなど頑張っています。しかしコンパクトサイズのミニバンとフルサイズのミニバンでは、越えられない壁があることも事実です。

もしもこの部分で比較をするなら、普段は何人で車に乗ることが多いのかで決めてください。具体的には3列目のシートを利用する機会が多いのかどうかです。

コンパクトサイズのミニバンで3列目のシートを使う場合は、基本的に緊急用だと考えてください。実際に乗ってみればわかりますが、乗ることはできても快適とは言いがたい乗り心地です。それと比べれば、フルサイズのミニバンはやはり余裕が感じられます。

ほかにも運転席の広さで違いが感じられます。これは実際に試乗をしてから気づく人も多いのですが、全幅がほぼ同じサイズなので同じような乗り心地だと考えていたけど、いざ自分で運転してみたら窮屈さを感じる場合があります。

室内長の広さは、普段の利用から運転に至るまで様々な場面で違いを実感できるポイントです。単純な価格や燃費だけで比べるのではなく、毎日使うものだから快適に使えるのかどうかも判断基準に入れてください。

特に男性の場合、体格の大きな人はそれだけでコンパクトサイズのミニバンは選択肢から外すこともあります。口コミなどで「それほど気にならなかった」と書いてあっても、その人と自分の体格が同じとは限らないのです。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタとヴォクシー】燃費と維持費で比較

 

シエンタの燃費はガソリン車で20.2km/Lで、ハイブリッドだと27.2km/Lです。

これに対してヴォクシーは、ガソリン車で16.0km/Lで、ハイブリッドだと23.8km/Lです。
この2種で比べるなら約4km/Lの差があると考えてください。

排気量が異なるだけではなく基本的な車体重量が300kgも違うので、この差はどうやっても変えられません。ほかにもシエンタは排気量が1.5Lで自動車税も安くなっているため、維持費の面でも優れています。

このように単純なコストパフォーマンスで言えば圧倒的な差があると言えます。

価格のところでも書きましたが、この2種はガソリンタイプとハイブリッドタイプの価格が同じくらいになっているので、普段から車に乗る人数が少ないなら少し高くてもハイブリッドタイプを選んで燃費面で回収するのも賢い選択です。

燃費については、どれだけの距離を走るのかによって差が大きくなります。定期的に長距離運転が発生するなら燃費面での差は最重要ですが、使い方によっては極端な金額差が出ないこともあるのです。

コストパフォーマンスで考えるのか、それとも快適さで考えるのか。この部分は個人・家族構成によって大きな差が出るポイントになります。ここではそれぞれのメリットとデメリットについて色々と紹介をしてきましたが、最終的にどちらを選ぶのがベストなのかを判断するのは自分自身です。

自動車は高い買い物です。100万円以上の買物で失敗したと感じた時のショックはとても大きな物になります。そのため一方的な見方をするのではなく、様々な角度から比較をしてください。そうすることによって、納得のできる買物ができるようになります。両車とも良い車なので、自分にとってのベストな選択をできるようにしてください。

2018年現在

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク