【シエンタ4wd】燃費・価格・雪道走行etc.徹底評価

この記事は5分で読めます

 

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

【シエンタ4wd】2WD車との価格差と仕様の違いは?

 

シエンタの4wdは、その走行性能の良さから高い人気があります。しかしそこで気になってくるのは価格差の問題です。

いくら性能が向上しても、それに見合うだけの価格なのか。そして実際にどのような部分が変わるのか気になる人も多くいます。

まず気になる価格差ですが、2WDと比較して約15万円アップになります。実際には14万円なのですが、北海道地区では寒冷地仕様が含まれて14万7000円になるため、余裕を持って15万円で考えておくと良いです。

これは本体の価格に比べればそれほど大きなものに見えないかもしれませんが、決して小さな金額ではありません。ただしシエンタ以外でもたいていこれくらいの価格差になっているので、一般的な範囲内です。

それでは次に気になるポイントとして、4wdにすることでどのような仕様の違いが出てくるのかがあります。

まず一番目立つポイントとして、4wdだと6名乗車までが限界になっています。

これは構造上どうしてもクリアできない問題で、後輪を動かすためのシャフトが座席の下にあり、それが邪魔で2列目の真ん中に座席を作ることができません。座席が多ければそれだけ多くの人を乗せることはできますが、ここはあきらめなければいけません。

ただし車に乗せられる人数は減っても、車内空間そのものが狭くなるわけではないので、荷物を載せる場合はそれほど不便に感じられない範囲です。車体サイズは微妙な違いが出ても極端に変更されているわけではないので安心してください。

それぞれの違いについてですが、全高が20mm高くなってドア部分のフロア高も同じく20mm高くなっています。ほかには左右のホイール間隔がフロントで5mm広くなり、リアで10mm狭くなっています。さらには車体重量が60kg重くなっているのです。

サイズとしてはほとんど誤差のレベルなので、よほど気をつけなければ気づかないものですが、重量が上がっているため燃費へ影響が出ます。人を一人乗せているくらいの差があるのです。

ちなみに燃料タンクも容量が3L大きくなっています。

最後に注意したいポイントですが、ハイブリッドタイプは2WDのみです。どうしてもハイブリッドタイプが良いと考えているなら、この点には気をつけてください。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ4wd】カタログ燃費と実燃費は?

 

続いて気になってくるのは燃費の問題です。重量が重たくなっている分なのかガソリンタンクの容量は大きくなっていますが、そもそもどれくらい走れるのかが気になるところです。

シエンタの4wdでは、カタログ燃費が15.4km/Lです。これはJC08モードを使っての数字になりますが、このクラスの車としては平均的な数字です。しかしカタログ燃費は、よほどのことがなければ実現できません。

普段、燃費のことを意識せずに走った場合は、どうしてもカタログ燃費よりも低い数字になってしまいます。そして実燃費は約13km/Lとなっています。

もちろんこれにも誤差はありますが、それでも12~13km/Lです。カタログ燃費と実燃費の差が2km/Lなのは、なかなか優秀な数字です。

余談になりますが、2WDの場合は13.4km/Lくらいなので違いはほとんどありません。大きくても1km/Lくらいの差と考えれば、かなり優秀な燃費だとわかります。

なぜここまでの燃費を実現できているのかですが、それは「Aアクティブ トルクコントロール」という仕組みが採用されているからです。

これは普段の走りは二駆として、そして悪路や雪道などパワーが必要な状況になったら四駆に切り替えてくれます。

冬の時期になると燃費は落ちてしまいますが、それ以外の季節なら二駆としての燃費になるので、その平均値で考えればバランスの良い燃費を実現してくれます。少なくとも2WDに比べて極端に燃費が悪いことはないので、ここも安心できるポイントになります。そもそも冬の時期でも路面状況が悪くなければ二駆で安定して走れるので、雪国でも極端な燃費差にならないケースもあるくらいです。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ4wd】雪道の走行性能は?

 

4wdが選ばれる理由のひとつに、雪道を快適に走りたいからという理由があります。もちろんただ走るだけなら極端な差は出ませんが、発進時に大きな違いを実感できるようになっています。停車状態から走り出す時はしっかりと全てのタイヤがパワーを発揮してくれるので、空回りすることは少なくなるのです。

ほかにも4つのタイヤがしっかりと動くことによって、アイスバーンなどの路面では2WDに比べてホイールスピンが起きる可能性は少なくなります。さらには車体が左右に振られることも少なくなるので、安定した走行が可能になります。

ただし気をつけなければならない点もあります。

Aアクティブ トルクコントロールは走行中に切り替わることもありますが、走行中にスリップをした場合には間に合いません。一番力を発揮してくれるのは発進時です。

もちろん快適に雪道を走るためにはタイヤの性能も重要なので、冬タイヤの手入れはしっかりとするようにしてください。いくら2WDよりパワーがあると言っても限度があります。

ほかにも最低地上高が130mmしかないので、極端に雪が積もった状態は苦手なことを覚えておいてください。いくら4wdでも、車自体が持っているポテンシャルには限りがあります。シエンタのようなコンパクトミニバンでは、馬力の問題も含めてパワー不足を感じる場面もあるので、そのことも考慮して選ぶようにしてください。あくまでも2WDと比較してパワーがある車なので過信は禁物です。

ちなみにシエンタの場合、S-VSCという優れたシステムが搭載されているので、2WDでも滑りやすい路面では意外なくらいの安定性を見せてくれます。そのため雪国でも、割り切って2WDで運用している人はたくさんいます。どの場面で力を発揮してくれる車なのか、よく考えて選ぶようにしてください。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ4wd】評価と口コミ

 

シエンタ自身が優れた車なので、口コミなどを見てみると乗りやすくて良い車であるという内容が目立ちます。好意的なものだけではなく中には燃費が悪いと書いてある物も見つかりますが、多くの人は実燃費の範囲内で運用できていることがわかります。

2WDとの燃費差については、走り方によって評価が分かれています。こればかりは参考程度の口コミで考えると良いです。まず自分がどのような道を走ることが多いのかを考えて、合っているのかどうかを考えると良いです。

4wdについては、状況に合わせて切り替わる物なので大きな違いを実感できない場面があるとのことです。それもそのはず、安定している道を走っている時は2WDとしての走行なのだから当然とも言えます。しかし元々走行性能が良い車なので、それが悪評化につながってはいません。

パワーについてはコンパクトミニバンということから、緩い坂なら楽に走れて急な山道はパワー不足を感じる場面もあるとのことです。本当にパワーが必要な場面では、駆動系よりもエンジンの力が物を言うので、このあたりは割り切った考えた方が必要になります。

このようにおおむね高評価ですが、欠点と呼べるところがないわけではありません。色々な人の評価を参考にすることで、本当に自分に合った車なのかどうかが見えてくるようになります。総合的にそつなく走れる車であることは確かですが、どのような用途で使うのかをしっかりと確認して、最終的な判断を下すようにしてください。

2018年現在

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク