【シエンタ】本当に必要なおすすめオプション

この記事は5分で読めます

 

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

【シエンタ】絶対におすすめメーカーオプション

 

「スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ」は、3つの機能がセットになっています。

紫外線カット機能がついたフロントガラスに、シートに内蔵されるヒーターとステアリング部分のヒーターです。これらはセットになっているので、必要な機能をバラバラに選ぶことはできません。

この機能は見た目が変わることもないので重要度を下げている人もいますが、冬の寒い時期にはとても重宝します。特に女性の場合は紫外線が気になりますし、冷え性の人はとても助けられます。これらの機能が合わさって4万円を高いと見るか安いと見るかは人によって異なりますが、あとから変更できない部分だからおすすめ度は高めです。

女性向けの要素が強い紹介の仕方をしましたが、冬場は寒い地方に住んでいるなら男性でも重宝します。

「寒冷地仕様」は北海道地区なら標準装備になっていますが、それ以外の地域ではオプションになっています。自分が住んでいる地域はそれほど寒くないから不要だと考えている人もいますが、実は意外な効果があるのです。

この機能は車内が暖まりやすくなり、熱を逃がさないようにしてくれます。つまり暖房の節約がしやすくなるわけです。北海道に比べたら寒くないと言っても、秋から冬にかけて冷え込む地域なら選んでおいて損はありません。これ自体は2万円ほどで付けられるので、おすすめ度の高いお得なオプションになっています。

「アルミホイール」はスチールホイールに比べて軽いので、燃費を良くするなら意識したいものです。ただしこれにはもうひとつ重要なポイントがあります。

シエンタのアルミホイールはメーカーオプションなので、後付けはできません。後から付けたいと思っても断られてしまうのです。見た目も良く、後付け不可というレアなものなので、今後シエンタを手放すことになった時には大きな評価ポイントになります。ただし価格もけっこうなものなので、予算と相談して必要かどうかを考えるようにしてください。

マイナーチェンジによって「Toyota Safety Sense」が標準装備されましたが、安全面のことを考えるともうひとつ必要な物があります。それは「SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ」です。

交通事故の怖いところは、自分が気をつけていても相手から衝突されることがあるところです。正面と後方に気をつけていても、横から衝突されるリスクもあります。しかし底にエアバッグが装備されていれば、最悪の事態を防げるようになるのです。

価格で言えば約5万円になるので、決して安い物ではありません。しかし実際に交通事故が起きた時に、このエアバッグのおかげで命が助かったり、ケガが軽く済んだりした場合は、とても安い買い物だったと思えるようになります。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】絶対におすすめディーラーオプション

 

「ETC車載器(ビルトイン)」は、ETCを利用するならおすすめです。

ETC機器にも色々な物があるので優先度は低めで考えている人も多いのですが、目立たず設置できて低価格なので、実はお買い得なのです。高速道路をどれくらい利用するのかによって重要度は変わってきますが、検討して損はありません。

「カメラ一体型ドライブレコーダー」も、約2万円とかなり格安で手に入ります。社外品のものには高機能な物もあるのでそちらを選ぶ選択もありますが、ナビやスマホとの連携は不要だと考えている人や、とりあえず付けておきたいくらいで考えているなら、ディーラーで付けるくらいでも十分です。

地味だけど意外に役立つものとして「レインクリアリングブルーミラー」があります。

雨の日はミラーに水滴がついて見づらくなるので、ちょっとした後方確認でも一苦労です。だけどこのミラーなら水をしっかりと弾いてくれるので、かなり見やすくなります。太陽光によって親水性が回復するので、長く使い続けられるところもポイントが高いです。
ディーラー側で用意している物は、極端な話、あとから別なものにできるものばかりです。せっかく車を買うのだからできるだけ便利にしたいと色々な物を選びたくなりますが、中には社外品を選んだ方がお得な場合もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】本当に必要か?おすすめしないオプションパーツ

 

「カーナビ」はディーラーオプションでよく選ばれていますが、実はあまりおすすめできないものです。ここで注意をしたいのが、カーナビ自体が不要と言うわけではなく、ディーラーで付けるものが不要と言うことです。

性能と価格面で考えれば、コストパフォーマンスで優れているとは言えません。T-Connect機能が使いたいから選ぶ人もいますが、初年度の無料期間ならともかく、2年目以降の12,690円は本当に払うだけの価値があるのかを考えてみてください。

確かにサービスとしては優れているかもしれませんが、安くないランニングコストが発生する機能として見れば重要度が低くなります。それならばもっとお得なカーナビを自分で用意した方が有意義とも考えられるので、よく考えて選びましょう。

「インテリアイルミネーション」は、車内がライトアップされて気持ちの良いものですが、実際に使ってみると飽きが来やすいものです。絶対に必要なものではなく、それで16,200円もするのですから、これを付けずにほかの部分へお金を回した方が良いです。

高級感が出るから「革調シートカバー」を選ぶ人もいますが、それは本当に必要な物でしょうか。そもそもシエンタという車に高級感がいるのか疑問が残ります。基本的にファミリー色が濃い車なので、シートだけ高級感を出そうとしてもちぐはぐな印象を受けることにもなりかねません。手入れ面を考えるなら、おすすめできないものになります。

純正品ではなくてもステアリングスイッチやバックカメラは使えます。しかしそのことはカタログに一切書かれていないので、純正ナビを選ぶ人は多いのです。これまでに使っていたナビがあるならそれを使うのも良いですし、もっとコストパフォーマンスに優れた他社のナビを買う選択肢もありです。さらにはスマートフォンをナビ代わりにしてひとまずカーナビは付けないという選択もあるので、よく考えて決めましょう。

シエンタ自体はもともと装備があまり充実しておらず、カスタマイズをすることで自分にぴったりな車にするタイプです。しかしそこで欲張って不要なものまで付けてしまうと、いつの間にか大変な金額になっているので気をつけてください。

200万円くらいで買える車なのに、あれこれ付けてしまったばかりに300万円近くになっているケースもあります。見積もりが出た時点でおかしいと気づくものですが、そこでこれらは「本当に必要な物なのか」と考えてみてください。

もちろん値下げ交渉で安くできますし、オプションを付けることによって本体価格の交渉に応じてくれるところもあります。しかしそのために不要な物を付ける必要はありません。仮に通常なら20万円の値下げが可能な状態で、あれこれ付けたら30万円の値下げになるとしても、その差額の10万円の価値がある装備なのでしょうか。

目先の金額に目を奪われてしまうと、結果的に損をしてしまうケースはたくさんあります。そうならないためにも、自分にとってベストの選択ができるようにしてください。賢く買い物をできれば、シエンタはとても良い車です。

2018年現在

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク