【シエンタ口コミ】評価・評判の総まとめ

この記事は5分で読めます

 

 

 

下取りに一括査定サイトを使えば

ディーラーで 30 万円の下取りが

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

【シエンタ】燃費・維持費の評価

 

トヨタのシエンタがもっとも高い評価を得ている部分が燃費・維持費です。とくに燃費はミニバンタイプの車種の中ではトップクラスの水準となっており、日ごろからよく運転する人にとっては維持費を節約できる点から非常に高い評判を得ているのです。

この車種にはガソリン車とハイブリッド車の2種類が用意されており、燃費も当然どちらを選ぶかによって変わってきます。トヨタが公式に発表している燃費ではガソリン車が20.2km/L、ハイブリッド車で27.2km/Lとなっています。ハイブリッドのほうが燃費がよいのは当然ですが、どちらのタイプでもミニバンタイプではトップクラスとなっています。

口コミではとくにガソリンタイプで高い評判を得ています。「他のメーカーはもちろん、トヨタの車の中でもダントツで燃費がいい!」「さすがトヨタ!トヨタの底力を見たような感じがする」といった声が見られます。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】ハイブリッド・ガソリンの評価

 

ただしこの燃費はあくまで公式の見解、実際に乗ってみてどの程度の燃費になるか評価が変わってきます。こればかりは運転する環境によっても差が出てくるので公式の数字とずいぶんと違った結果が出てくることもしばしば。利用者の声を見ると総じてガソリン車のほうが高い評判を得ているようです。

ハイブリッド車に関しては遠距離の利用で非常に高い評価を得ている一方、「電池の容量がもう少しほしい」との声も見られます。このあたりは一度の利用でどれだけの距離を走行するかによって分かれるのかもしれません。一方ガソリン車の場合はもともとトップクラスの燃費に加えて市街地で使用した場合でも燃費効率があまりダウンしない点が利用者の間からもよくあがっています。「どんな状況でも確実に20km/Lを確保できるのはすごい」など、公式の数字とほとんどそん色ない燃費で利用できる点がとくに人気を得ているようです。

このあたりは用途や走行距離に合わせてガソリン車・ハイブリッド車のどちらがよいかをよく検討して選んでいく必要があるそうです。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】内装・外装の評価

 

おそらくシエンタでもっとも評価が分かれるのが内装と外装の部分でしょう。外装はフロントマスクがかなり独特なデザインをしており、スタイリッシュな印象でプラスにとる人もいれば違和感を感じてしまう人もいるようです。口コミでも「おしゃれでかわいい」「どうもなじめなくて受け付けない」など賛否両論が見られます。こればかりは完全に好き嫌いの面があるので実物を見たうえで自分で判断することになるのでしょう。なお、外装に関する評判では「最初は違和感があったけど乗っているうちになじんできた」「慣れてくるとなんだか魅力を感じる」「家族も最初は首をかしげていたけど今ではすっかり気に入ってくれています」といった声も見られるので長く付き合っていくなかで印象が変わってくる部分も多いようです。

外装以上に賛否両論が分かれるのが内装です。プラスの声が見られる点ではスペースが十分に確保できている点、とくに収納スペースが充実している点が挙げられます。ミニバンにとって収納は非常に重要な部分だけに大きなプラス要素といえるでしょう。とくに大きな特徴が3列目の座席を収納することで荷物を置くスペースを確保できる点です。大人数で利用するときには3列目の座席を使用し、少人数の場合には3列目をそのまま荷物の収納スペースに使用する。そんな使い方の工夫ができる点も利用者の間ではプラス材料となっているようです。

一方、これは新型・旧型の比較ともかかわってくる問題ですが、新型には運転席のシートバックポケットがないため、ちょっとした小物を必要なときに取り出せるスペースがなくなってしまった点がマイナス材料として指摘されています。「運転席のシートパックポケットがなくなってしまいました。旧型の際にはとくに意識せずに使っていのですが新型でなくなってしまったことでこれがいかに便利なスペースだったかを痛感しています」といった新型・旧型との比較の上でマイナス点に挙げている声もあります。

こうした点を見ると家族や仲間同士など大人数で利用する際に、大きな荷物を収納する場合は非常に適している一方、少人数で使う際や日常の運転で使用する時にはちょっと収納面で少し不満を感じてしまうといった傾向が見られます。こちらも利用環境によって判断が変わってくるのでしょう。

内装に関してはほかにも細かい点でいろいろな口コミが見られます。とくに多いのがダッシュボードについているオレンジのライン。運転のしやすさともかかわってくる部分ですが、運転しているときに、オレンジが視界に入って気になったり、時には光に反射してみえなくなるといった難点が指摘されています。「このオレンジが気になってしまう」「ときどきドアミラーに映りこんで邪魔になることもある。なくてもまったく困らないのでやめてほしい」など。これはマイナス点として見逃せないポイントでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】新型・旧型の評価

 

シエンタは2015年にフルモデルチェンジを行っており、新型と旧型の違いも気になるところです。サイズに関しては全長が135ミリほど長くなっている一方、横幅はほぼ同じ、つまり少々縦長の形になったのが大きなポイントです。ただこの点を気にする人はほとんどいないようです。一方、先ほど外装・デザインにおいて賛否両論が見られると書きましたが、新型と旧型ではデザイン面で非常に大きな変化が見られています。

もともと旧型は丸っこくやわらかな印象があったのに対して新型では、開口部に大きなグリルを備えてることでフロントがかなり特徴的になりました。先ほどの「違和感がある」という外装面の口コミも旧型からの大胆な変化が影響しているのでしょう。ただ「慣れると気にならない」という声も多いことから大きな変化とはいえ必ずしもマイナスの変化とはいえない部分もあるのでしょう。

無視できないのが乗り心地ともかかわってくる違いです。旧型に比べて後方が見にくい点が指摘されており「旧型は視界がよかったのに新型になって見にくくなった」とのマイナス評価も見られます。これはサイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げた影響で、実際に視界が狭くなる形となっているのが原因です。

ただ一方で燃費や走行性は格段にアップしており、ハンドルの安定性と正確性は旧型とは比較にならないほど優れているとのプラスの声が見られます。「これに比べると旧型はちょっと安定性が甘かった」など。

 

スポンサードリンク

 

【シエンタ】その他の評価

 

その他では乗り心地のよさへの評判が見られます。もともとトヨタのミニバンタイプは乗り心地についてマイナスな声が聞かれることが多いのですが、シエンタではプラスの声が多数を占めており、「ノイズがなく静かに運転できるのがよい」「ようやくトヨタのコンパクトカーで満足できる乗り心地の車と出会えた」といった口コミが見られます。

ハイブリッド車の場合はとくに重量が軽くてバランスがよいため、とくに快適な乗り心地となっています。

もうひとつ、この車の最大のポイントともいえるのがトヨタセーフィセンスCの導入による安全性の向上です。赤外線センサーと単眼カメラのセンサーによって危険を早めに察知し、緊急自動ブレーキなどで事故を防ぐ機能が搭載されています。「旧型とは比較にならないほどすばらしい」「これで安心して運転できる」と安全性に関しては絶賛の声が圧倒的に多く、燃費とともにこの車の最大のメリットともいえる要素となっています。

 

スポンサードリンク

 

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタシエンタ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク